女性の性感帯の秘密

女性の性感帯を敏感にする方法

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

ハートを持つ女性まず女性がSEXな気持ちになる為には、自分は男性に愛されているという精神的な作用が第一前提です。

 

したがって、乳首や性器への本格的な愛撫は、急いではいけないのです。

 

 

なぜなら、性感帯を活性化するPEAというホルモンは恋愛のトキメキによって分泌されます。夜景の見えるホテルで愛をささやかれる、突然後ろからギユッと抱きしめられる・・・などのキュンと来る体験が性感帯を開くのです。

 

SEXにおいては、言葉や雰囲気で場を和ませながら、優しく髪の毛を撫でる、手や指を撫でる、顔を接近させる・・・など、女性にドキドキ感をじっくり与えることが重要です。これらの愛情表現が、女性の身体を敏感にさせ、性の土台が作られます。恋愛が前提にあって、性があるのです。

 

前戯がなければ、SEXではない

 

逆に言えば、このプロセスを省いてしまったら、その後、どんなに女性に快感を与えても、女性は受け取れないのです。女性は男性の性器と違い、単純に接触されたからと言ってすぐに反応するわけではありません。

 

特にオーガズムを得るためには前述の土台が絶対必要です。この土台がしっかりしていればいるほど、女性がオーガズムに達しやすくなります。

 

 

具体的には、土台を築くのに30分もかければ、その後の本格的な愛撫やセックスで、オーガズムに達しやすくなります。実際、私も早ければ2分〜5分位で到達することもあります。セックスは、前戯が一番大切なのです。

 

時間はともかく、土台さえきちんとしていれば、女性がオーガズムに達する確率は非常に高くなります。まずは、女性の心と脳を愛の言葉や優しいタッチングでときめかせて、心身ともにリラックスさせる事がとても大切です。

 

女性のSEXは脳から始まる。愛があって初めて性感帯が活きる。

カテゴリ一覧