セックスでのディープキスのやり方

SEXのスイッチ、キスのやり方

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

女性の唇当然ですが、キスは心をこめてします。まず初めに、ソフトに触れます。

 

その後、触れるか触れないか程度のキスから段々と強弱をつけましょう。
いきなりハードはNG。ソフトからハードへの流れが、女性の内面に合います。

 

 

そして男性もリラックスして下さい。あまり、緊張していると体が強張って、キスをする唇まで硬くなっている場合があります。マンガで描かれるようなタコ唇の状態でのキスは絶対に避けましょう。あまり唇をギュっと結ばないで、唇は半開き程度に力を抜きます。とにかくリラックスが大切です。

 

力を抜いた状態から、段々と舌を出し、ディープキスへと繋げます。初めは、舌をゆっくりと重ね、段々と激しくしましょう。唇を舐めたり、歯茎を舐めたり、変化もつけます。女性の両手で両耳を塞いで、舌の音を頭に響かせるのも一興です。官能的で、ロマンチックなディープキスをしましょう。

 

ハンドタッチも忘れずに

 

全体を通して、キスの際に、とても重要なのが「手の動き」と吐息です。
手は、女性の顔を覆うようにし、髪や背中、肩など体の部位をタッチします。さりげなく女性の体のどこかに触れましょう。手を止めるのはNGです。

 

また、呼吸、吐息ですが、唇が触れたり触れなかったりのキスを繰り返している際に、吐息で、自分が興奮していることをさりげなく女性に伝えます。

 

また、さらっと耳元で吐息を洩らしてみたり、首筋に唇を這わせながら吐息を洩らしましょう。男女ともに、相手から発せられる吐息を聞いて興奮するものです。キスは、唇だけではなく手と吐息と組み合わせた総合技術です。

カテゴリ一覧