女性の下半身の愛撫

焦らしになる太もも、お尻の愛撫

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

女性のお尻太ももとお尻の愛撫は重要です。ここで焦らすと、女性はいざ性器に触れられた時の喜びが数十倍になります。

 

ここを省略して、性器の愛撫をしてしまうと、「もう来ちゃったの?」という感じで、女性は急に冷めてしまいます。

 

 

最高の場所はお預けする(=焦らす)ことは愛撫の基本です。したがって、上半身を終えたら、性器ではなく、太ももとお尻の愛撫で遠回りしましょう。

 

太ももとお尻の愛撫で一番ジリジリさせることが出来るのは、女性をうつ伏せにして快感を与えることです。少しずつ少しずつ足を開かせましょう。大きく開かせないことがポイントです。女性が性器をおおっぴらに開かないことで、焦らしと辱めの効果が得られるからです。

 

 

辱めるというと大きく開いた方が辱めているように思えますが、開くか開かないか、開きたくないんだけど、気持ちが良いので開かされている自分=いやらしい自分=辱められている、という妙な心理があります(私の場合)。

 

具体的なやり方は、下から上にフェザータッチを駆使しながら、産毛を逆なでしましょう。その後、少し開いている内ももを性器へ向かって舌で舐めあげます。性器まで、あと少しというところを愛撫し、十分に焦らします。女性は腰が上がってきて、「早くクリトリスを舐めて」と言う心理になります。

カテゴリ一覧