蟻の門渡りの愛撫の方法

意外に効く、蟻の門渡りの愛撫

 

 

女性の尻蟻の門渡りとは、性器と肛門の間のことです。ここには神経が集中しているので、立派な性感帯なのです。

 

ここは、単独で愛撫するというよりも、
膣付近や会陰部と一緒に愛撫すると効果的です。舌を使って舐めることで、女性に「早く、クリトリスを舐めて欲しい」という強い期待感を与えられます。

 

 

つまり「焦らし」です。女性は、来そうで来ない、という期待感を持ちます。
肛門付近から会陰部までを舐めあげ、そのままま下がり、蟻の門渡りまで行ったりきたりを繰り返します。そして舌で会陰部を圧迫します。そして円を描くようにグルグルと舐めながら、また圧迫します。舐めと圧迫です。

 

舌を動かしながら、空いている指で大陰唇をくすぐるように触ります。このような二点責めで膣からは愛液がどんどん出てくるでしょう。その舌先を、滑らせながら膣にスルっと1〜2回、舌先だけで軽く触れるのも効果的です。

カテゴリ一覧