手マンの方法

気持ちいい手マンのやり方

 

 

女性手マンは実はクンニよりも難しいです。自己流にテキトーにやりがちですが、これではイカせるのは難しいのです。

 

なぜなら、ほとんどの女性は手マンは自分でやっているからです。オナニーとして、自分でやった方が最短のルートで気持ちよくイケるのです。

 

 

それを、自分ではない男性がやるとすれば「あー、そこじゃない」「うーん、もうちょっと弱めに」「あー、こするんじゃなくてグルグルまわして」「いや、痛いんだけど」などなど、男性の指の動きや手の動きに不満が出てきます。

 

つまり、自分の感覚から外れるとイクコースから脱線してしまいます。したがって、手マンは難しいということを覚えて下さい。手の動きは、振動や圧迫やグラインド回しが動きの基本で、バランスよく駆使します。

 

 

振動は、バイブレーターを想像すると分かりやすいですね。しかし、あれを人間の手が再現できる訳もなく、あの動きを再現するために必死になる男性には、女性が引いてしまいます。

 

基本的なのは、女性と体を密着させながら手マンするということです。密着感があるとないのとでは、興奮度が異なります。単純ですが、耳元で言葉を囁いたり、空いている口で乳首を舐めるなどの組み合わせが有効です。

カテゴリ一覧