ゆっくりピストン運動をするべき理由

快感のピストン運動のやり方

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

ハートの箱を持つ女性初めは、かなりゆっくり動きます。ピストン運動と言えない位、ゆっくりです。

 

ゆっくりやるべき理由は、女性の膣内というのは、実はそんなに神経が集中していないので、鈍感でもあるのです。膣は、鈍感というのがポイントです。

 

Gスポットと子宮口付近以外はあまり特別な感覚がないです。したがって、ペニスを挿入してピストン運動をする際に接触する部分は、膣の壁と子宮口になるわけですが、膣壁の方は鈍感です。だからこそ、ゆっくり動かすことで、ジワジワとした摩擦を与えられます(この点は伝えづらいですが)。

 

手マンとピストン運動の違い

 

手マンとピストン運動はよく似た行為ですが、その役割は明確に異なります。手マンの場合は、指でのピストン運動ですから、指を曲げたりそらせたり、角度にそれなりのコントロールがききます。しかし、ピストン運動となると、細かな角度コントロールは出来ません。しかし、子宮口付近をまんべんなく刺激できるので指とは違う快感がペニスにはあります。

 

ゆっくりゆっくり焦らしながらピストン運動をしますが、だんだんと変化を付けます。上下に出し入れするような基本的なピストン運動から、次は深く挿入したまま腰をグラインドして恥丘と恥丘が接触するような感じでクリトリスも圧迫しながらグラインドを続けます。後者の方が快感が大きいです。

 

ピストン運動を早めるのは、いよいよ女性がイク時で十分です。スピードの早すぎるピストン運動は、摩擦が瞬間的になりがちなので、実はオーガズムに繋がりにくい、と考えて下さい。基本はゆっくり、イク時にスピードUP。

カテゴリ一覧