ピストン運動とGスポット、ポルチオ

ピストン運動で狙うべき性感帯

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

二つのハートピストン運動というと、スピードのある突く動きをイメージしがちですね。

 

挿入から女性がイクまでのスピードはかなり遅めにして、イク寸前に早めるの方がベストです。いきなりハイスピードのピストン運動は、論外です。

 

 

大げさに言えば、挿入しただけでしばらくは動かなくても良いくらいです。
その方が、女性側が挿入されてることを実感しやすいし、ゆっくりセックスされることで、精神的な満足、大切にされている、という気持ちを持てます。

 

その後のピストン運動は、ペニス全体を出し入れするのではなく、一か所をピンポイントで狙う形で突きます。初めは、膣の入り口付近を攻めます。亀頭部分を膣の入り口で、入れるか入れないか微妙な動きをします。たいてい、はこのあたりで、女性側は奥まで入れて欲しくなってきます。

 

 

その頃合いを見計らって、ペニス全体を挿入したら、先述したようにしばらく静止します。この段階が、女性側はかなり膣を締めてくると思います。それを合図に、次はゆっくりと子宮口を狙って動きます。動くというより、ゆっくり突く感じです。突きながら腰をグラインドします。

 

また、Gスポットも狙って欲しいです。手マンの段階で、大まかな位置を確認し、ピストン運動の際にペニスで刺激します。コツとしては、枕やクッションを女性の腰の下に挿入し、女性の腰を浮かせます。こうすることで、より的確にGスポットを刺激することが可能になります(腰高正常位と言います)。

 

 

ちなみに、どんな体位でもどんな状況でもピストン運動はゆっくりして下さい。ゆっくりの方が摩擦が大きいからです。むしろ、激しいピストン運動だけでは女性はイケないと言っても過言ではありません。激しいのは、終盤のみ。前半と中盤はゆっくり、段々とペースアップし、終盤で激しくします。

カテゴリ一覧