SEXでは服を脱がさない

快感を高める焦らしのやり方

 

 

花と女性「セックス=全裸」は常識的ですが、なかなか服を脱がさないことで、女性の快感や興奮度が変わってきます。

 

女性は、特に、恥ずかしい状態に弱いのです。この心理を活用しましょう。
女性を簡単に全裸にしないことです。全裸が恥ずかしいのではなく、全裸になると、むしろ恥ずかしくないのです。

 

 

全裸よりも、衣服がはだけたり、下着からはみ出す方がよほど恥ずかしいのです。したがって、あえて前戯の愛撫中はブラジャーも外さずに、カップを手でぐっとよけて、乳房や乳首を無理やりさらけ出す感じです。そして、ブラジャーからはみだした乳房や乳首を愛撫します。こちらの方が興奮します。

 

もちろん、乳首の愛撫も焦らしは必要です。まずは、乳房、乳輪、乳首という順番で乳首は最後にお預けします。この要領は、当サイトの「女性が教える前戯のやり方」というカテゴリで触れているので、ご参照下さい。

 

下半身はスカートは脱がさずにたくしあげ、ショーツもぬかさずにします。ブラジャーと同じ要領で、ショーツをぐっとよけて、アソコを露出します。このような、衣服がはだけた状態で愛撫することが、焦らしになります。中途半端な脱がされ方に「はやく全部脱がせて」という心理になるからです。

カテゴリ一覧