オーガズムへ導くテクニック

女性をイカせる上で大切なこと

 

 

ベッドに横になる女性何よりも「スタート」が重要です。セックスでも、初めの段階が大切なのです。

 

初期段階で、女性の「イクためのスイッチ」が入れば、あとは流れを維持するだけでオーガズムを得られます。

 

SEXの序盤で、この「イク為のスイッチ」を入れることこそが最重要なのです。

 

 

それには、二人のムードが高まってきたところで、どれだけ女性をリラックスさせ、どれだけとろけさせるかが問題です。キスが初めにやることだと思われがちですが、キスは後回しにし、焦らす方がスイッチが入りやすいです。

 

まずは、衣服を着たままで、首筋、うなじ、耳の裏、耳、頬、唇と、この流れのフェザータッチ愛撫を念入りにやります。そのうち、女性は早くキスして欲しくてたまらなくなります。これで女性はかなり出来上がってきます。

 

 

そして、ようやくキスです。キスも初めは、触れるか触れないか程度の軽いキスから段々とディープキスに移行します。もちろんキスをしながらも、手は休ませずに愛撫は続けますし、心が満たされる系の言葉責めをします。
このあたりで、女性は身も心もトロトロになり、イク土台が出来ます。

 

これが「イクためのスイッチ」が入った状態です。後は、同様に焦らしのテクニックを使いながら、愛撫をしましょう。イク流れはあるので、オーガズムへ導きやすいです。

カテゴリ一覧