オーガズムの不思議

オーガズムとは、こんな感じ

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

ブラをつける女性妙な言い方をすれば、オーガズムはあくびと同じで、伝染するものなのです。

 

特に女性用のAV、官能小説、レディースコミックなどのSEXなもので、他の女性がイクのを見ていれば自分もイキたくなるし、イキそうになる、という不思議なことが起こります(本当の話です)。

 

 

それは、脳の中で、過去に自分が経験した最高のイクと、目の前の女性がが「イッている」ことが重なって「追体験」しているのかもしれません。

 

自分の過去のイクが脳の中で再現されているために、興奮がより一層高まり、今の自分もイキたい、イクと言うふうになるのだとも言えます。

 

したがって、オーガズムと言うのは脳で思いだすことによって引き起こされる面があります。科学的にどのような説明がされるかは分かりませんが、女性が脳でSEXしていることを一面的に証明しているのかもしれません。

 

身体はこう感じている

 

一般的には、オーガズムに達する時には、体全体が熱くなって火照ってきて、膣がキューとしまってきて意識が遠のき、頭が真っ白になります。最後は膣の痙攣が起こり、絶頂点に達することが多いです。

 

この強弱は個人差がありますが、ほとんどの女性は膣の痙攣と収縮運動を経験しています。膣の締まる感じがイクに近いので、普通の時にでも、膣をキュッと締めるキュッと緩めることを繰り返すと、逆説的ですが、膣がムラムラしてきて、オナニーなり、セックスなりをしたくなることがあります。

カテゴリ一覧