SEXの時間配分

女が語る真のSEXテクニシャン

 

 

ハートの枕を持つ女性まず、ご自身で「俺はテクニシャンだ」と堂々と言っている男性は本当にテクニシャンかどうかは分かりません。

 

なぜなら、テクニシャンかどうかは女性が決めるもので、万人に通じるテクニシャンはこの世に存在しません。
しかし、もちろん、基本はあります。

 

 

マインドセットとしては、男性は自分の射精をおまけ程度に考えられるかと言うことです。自分の欲求を優先させては、女性をトロトロにすることは出来ません。超がつくほど単純ですが、これを守れない男性が多いです。

 

次に、心がこもっているか、と言うことです。セックス自体は体の接触のみだと思いがちですが、女性はメンタル面にかなり左右されています。

 

 

女性をとろけさせて「彼はテクニシャン」と言わせるためにはSEXの70%前後を前戯に置くことです。前戯は時間をかけて焦らし、じっくりと行います。

 

挿入はおまけ程度に考えましょう。実際は、前戯でそれだけクリアできていれば、挿入してから女性がイクまでにそんなに時間はかかりません。このようなSEXの時間配分、全体構成に配慮するのもテクニックのひとつです。

カテゴリ一覧