オーガズムへ導く方法

膣とクリトリスのオーガズム

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

基本的にクリトリスオーガズムが初めて体験するもので、膣オーガズムは経験を重ねてから体験するものです。

 

一般的に言えることは、若い女性で膣オーガズムを経験している女性は少なくないということです。圧倒的にクリ。

 

 

これは、ひとえに、クリトリスが先天的な性感帯で、膣が後天的に開発される性感帯だからです。開発が必要な膣では、必然的にイク機会が乏しくなります。したがって、若い女性はクリトリスを重点的に責めるべき。

 

やはり、膣オーガズムと言うのは、ある程度の経験がある30歳代以降が多いようです。そもそも膣自体は鈍感な器官ですが、使いこむうちにGスポットなどの快感が体験できるようになってくるからです。さらに、経験を積むとポルチオオーガズムを体験することが出来ます。開発の賜物です。

 

 

ただし、ポルチオは誰もが感じる部分と言うわけではありません。10代から20代のほとんどはクリトリスオーガズム中心と言えます。

 

そして、このふたつのオーガズムはくっきり線引き出来るものではありません。特に膣オーガズムの際は気づきづらいですが、クリトリスへの刺激も加わっており、その快感も加えて、全体としての膣オーガズムになります。

 

クリトリスや小陰唇、大陰唇は、膣にも快感を与えています。基本的には、クリトリスの快感を波及させながら、膣を刺激することで膣オーガズムへ導きます。膣オーガズムにしろ、ポルチオオーガズムにしろ、土台には必ず「クリトリスの快感」があるのです。これがSEXテクニックの基本です。

カテゴリ一覧