SEXのセンス

風俗嬢時代の最高のセックス

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

風俗嬢として一瞬でも我を忘れてしまった経験ですが、フリー(指名なし)
でいらっしゃった普通の男性でした。

 

特にイケメンでもなく、若くもなかったですが、肌を重ねて行くにつれ、本当に肌がピタっとして心地よくなりました。

 

 

当然、今会ったばかりの男女ですが、このように片方が「肌がピタっと感じる」という場合、相手もそう感じているのです。これはセックスの「気」とか「波動」といえるでしょう。

 

また、具体的には、焦らしの間がとても絶妙で、私が「そろそろ・・・乳首に来てほしい」「クリトリスはこうやって触ってほしい」「指入れはピストンしないで欲しい」とか、そう言った細かい要望を口で言うことがないのに、的確にそうしてくれる、という所が私にはぴったりだったのだと言えます。

 

口で言わないのに、と言う所がポイントです。特に女性の場合は、SEXは「あうん」の呼吸であったり、言わなくても相手が自分の要望に応えてくれたところに余計に興奮するのです。このようなことは人間それぞれが持っているセックスの「センス」なのです。 本当なら自分が風俗嬢で、お客さんに奉仕しなくてはいけないのに、立場が逆転していました。

カテゴリ一覧