女性の視点で見た加藤鷹のテクニック

元風俗嬢が書いた加藤鷹プレミアムテクニック動画の感想(1)

 

 

 

 

■一度見てみた感想

 

加藤鷹さんのこのセックスプレミアテクニックは、女性の立場として全ての男性に見て頂きたい位、素晴らしい内容です。ご自身のセックスに自信の無い方はもちろんですが、それなりに自信のある方も是非見てほしいです。

 

というのは自信はあったとしても、ご自身なりにパターン化しているセックステクニックを再度見つめ直す事ができるからです。これを見ることによってさらに高度なテクニックが学べるでしょう。

 

 

もう一点、このDVDの素晴らしい点は、単なる「技・テクニック」というよりは、セックスをする上でのメンタルな部分も含めた「セックスそのもの」を解説しているところです。考えてみれば基本ですが、男性のメンタルとしては「焦らない事」、これが重要です。しかし、意外と出来ていないのが大半。

 

そして、セックスの入り口であるキスの入り方からセックス後の後戯まで、本当に細かく伝授されています。女性の視点から見ると「本当によく女性の事を分かってらっしゃる!!」と納得のことばかりです。

 

男性の最大の勘違いは「挿入=セックス」「激しい=快感」です。これが間違っているという事がこのDVDではきっちり理解できると思います。

 

Chapetr1 キス

 

 

まず、キスですが加藤さん伝授の方法ですと女性は本当にリラックスしてキスを受けられます。真正面からではなく、後ろから入る、という加藤さん独特の方法は非常にレベルが高いなぁ、と感心させられました。

 

さらに、口内に気持ちいいポイントがあるという事も教えてくれます。おそらくほとんどの人が知らないのではないでしょうか。実際、私も知りませんでしたが、2つのポイントがあるので実践してみる価値があると思います。

 

加藤さんのキスの実践で、女優さんはつい吐息をもらしていらっしゃいましたが、本当にうっとりとしたとろけるキスです。このようなキスをしてもらったら、女性はこの時点でほぼとろけていると言っても過言ではありません。

 

そしてキスの音ですが、とてもセクシーなので、敢えて聞かせる、というのも興奮を高める効果があるとされてます。似たような例とすれば、フェラをしている際に音が出る場合と、出ない場合を考えてもらうと分かりやすいです。粘膜と粘膜が触れあっている時の音は恥ずかしい半面、興奮を誘います。

 

Chapter2 愛撫

 

 

次にソフトタッチですが、このDVDにあるような方法で攻められたら女性はたまらないでしょう。女性は全身が性感帯であることは広く知られていますが、その中でも、特にスイッチの入り易いのが耳付近の首筋、うなじから耳に向かっていくライン、つまり「耳」付近を後ろから攻めることが重要です。

 

加藤さんの実演でもありますが、舌での耳の愛撫は高度なテクニックです。これはあくまでソフトにやることで耳が性感帯に変わります。女性の快感スイッチは、「キス」「ソフトタッチ」の辺りで「カチャ」っと入るのです。

 

 

自覚できる女性は「あぁ、今スイッチ入っちゃった!」と自分で分かります。仮に、「キス」「ソフトタッチ」でスイッチが入らない場合は、その後のセックスは味気ないものになってしまいます。したがって、ここでスイッチが入るように、テクニックを磨いて欲しいのです。その後のSEXが充実するからです。

 

ソフトタッチの一番の目的は「焦らし」「敏感」にあります。女性が触ってほしい場所は敢えてまだまだ触りません。ソフトタッチで焦らせば焦らすほど、女性は敏感になります。そのため、乳首やクリトリスに触れられた時の快感は、焦らされない時に比べたら、軽く100倍くらいにハネ上がります。

 

この「焦らし」を上手く使った後に、乳首・クリトリス・膣を愛撫されるのは女性にとってはかなり印象に残りますし、半分以上はイッたも同然です。その女性にとっては一生忘れない「SEXの上手い男性」という存在になれます。

 

Chapter3 おっぱい・乳首

 

 

ソフトタッチから今度は胸の愛撫にうつって行きます。ほとんどの男性がスッ飛ばしてしまう乳房の愛撫について解説されている点に関心です。

 

すぐに乳首に行ってしまいがちですが、このようにじっくり乳房からの愛撫をすることが重要です。愛撫が乳首へ移った際、乳首の快感度が格段にアップします。したがって、乳房の愛撫を飛ばすのはもったいない。

 

ぜひ、男性にはマスターして欲しいことです。また、舌を使っての乳首の愛撫方法も、実演付きなのでとても分かり易いです。マニュアル本だと「舌でころがす」とか「円を描く」などの表現でイマイチ分かりにくいのですが、このDVDでは実演なのでわかりやすい。AVでは見られないカメラワークです。

 

 

乳首はクリトリスに次ぐ性感帯なので、このDVDのようにじっくりじっくり愛撫を繰り返されると本当に腰が抜けそうなくらい気持ちいいと思います。

 

女性と実践する前に、ちょこっとでもご自身で腕などを使って舌の動きを練習してみるのもセックステクニックを磨く上で重要なことかもしれません。

 

 

もう一点、女性として、してもらいたい加藤さんの高度なテクニックとして乳首を歯で挟む、というのがあります。挟み方が独特なので非常に感じます。

 

実は、乳首というのは単調な動きでベロベロ舐められるだけでは、正直飽きてしまうのです。上下左右、回転など色々なバリエーションが紹介されているので、上手に使いこなせれば本当に女性に喜ばれるでしょう。

 

■(続き)加藤鷹プレミアムテクニック動画のレビュー(2)